ムダ毛の自己処理に関する基礎知識〜自己処理の危険性について〜

腕や脚、ワキなどの気になるムダ毛を、毎日自己処理しているという女性も多いのではないでしょうか。
自己処理の良い点は、手軽にすぐできること、そして費用などがあまりかからないというところにあります。
このようなメリットがある自己処理ですが、残念ながらデメリットが多くあります。

 

自己処理の問題点として、まず挙げられるもの、そして最大のものが、処理の時に肌や毛穴にかかる負担です。
これを軽くするためにはしっかりと事後ケアをしておくことが大切です。
(ただ、どんなケアをしたとしても、負担が軽くなるだけで、ダメージを防ぐことは出来ません。)

 

例えば、カミソリなどを使う際には、専用のローションなどを使用して、少しでも肌へのダメージを予防しましょう。
肌は摩擦などのダメージに弱く、たとえば下着のライン部分など、何度も擦れることで色素沈着を引き起こす場合もあります。
カミソリによる処理も同様で、繰り返し行うことで肌が固くなったり、黒ずんでしまう可能性もあるのです。
摩擦を軽減するローションを使用して剃り、処理が終わったあとにはきちんと保湿をしてあげましょう。
繰り返しますが、そのようなケアをしたとしても、そういったデメリットが小さくなるだけで、デメリットが無くなるわけではありません。

 

また、自己処理を頻繁に行っていると、ムダ毛が皮膚の外に出られなくなり、皮膚の下で毛が成長する「埋没毛」が発生することがあります。
この埋没毛は、肌へのダメージが原因で引き起こされますから、気をつけた方がいいでしょう。
とはいえ、気を付けたところで、埋没毛のリスクが無くなるわけではなく、自己処理を続けている限りは、埋没毛のリスクはあります。

 

自己処理の際、もう一つ気をつけたいこととして、「手の届かないところは無理に処理しない」ということが挙げられます。
たとえば、うなじ、そして背中のうぶ毛などは、自分自身で確認しながら、ムダ毛を処理するということができません。
カミソリなどを当てると危険ですから、自分自身での処理は諦めたほうがよいでしょう。

 

手の届かない部位のムダ毛処理を行いたいのであれば、無理をせず脱毛サロンなどで、施術を受けるのが最適といえます。
そして、肌や毛穴に負担をかける事によって肌が汚くなったり、毛穴が目立つようになったりする事に悩んでいる方には、さらにお勧めです。
サロンの脱毛は肌ダメージにも配慮した内容となっていますから、肌荒れなども起きにくく、安全だといえるでしょう。
綺麗なスベスベお肌になるためにムダ毛の処理を行うわけですから、肌自体を傷つけることのないよう、気を配りたいものです。

 

『キレイモ渋谷なび』 TopPageに戻る